読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鹿嶋屋の賃貸経営日誌

埼玉在住大家の賃貸経営日誌。日々の出来事、不動産投資について綴っていきます。

新潟に物件を持って知った北陸物件の注意点

f:id:ooya-kajimaya:20161011090442j:plain

 こんにちは、大家鹿嶋屋です。

今まで関東の物件しか持っていなかった私ですが今年に入り、新潟の収益物件を所有するようになりました。

 

 

北陸方面や北海道などに物件をお持ちの方は当たり前のことだと思いますので読み飛ばしてください。これから積雪量の多い地域の物件を検討される方には参考になるかと思います。

 

1. 2月前後の大雪シーズンは除雪費用がかかる。

・大手チェーンで1回2~3万円で、排雪も含めるともう少し費用がかかる。


・管理会社によっては年1回除雪付きの管理会社もある。


・毎年10万円前後は除雪費用を予算として確保しておく必要がある。


・行政が除雪車を走らせる道路は決まっており、その道路沿線の物件は人気が高い。

※(私道などには行政の除雪車は走らない!)

 

 

2.   駐車場などに融雪設備を備えた物件がある。

 

散水消雪、ロードヒーティング、融雪マットと種類がある。

ランニングコストも違うようなので、積雪量に合わせて検討したい。

アパマンでよく見られるのが散水消雪、いわるゆスプリンクラー方式です。

 

 

ロードヒーティングランニングコストが高い代りに融雪スピードが早いようです。ただし、結構なコストがかかるようなのでアパマンにはあまり向かないようです。

 

 

散水消雪設備のついた駐車場で、よく見かけるのが赤茶けた路面の駐車場です。

 

これは、積雪シーズンまで10カ月くらいは使っていないスプリンクラーを積雪シーズンに、急に水を出すため水が通る鉄パイプのサビが出てきてしまったり地域によっては地下水が鉄イオンを含んでいて、赤茶けてくることがあるそうです。

 

 

北陸物件の駐車場は赤茶けていることが多いのですが、地元の方は見慣れていてあまり気にすることも無いようです。私も最初は違和感を感じました。

 

f:id:ooya-kajimaya:20161011090450j:plain

 

北陸新幹線も開通し、融資対象でなかった金融機関も対象に含めるところが出てきています。昔ながらの気難しい不動産屋も多いですが、私が管理をお願いしているところなどは付き合ってみると関東の管理会社より、きめ細やかな対応をしてくれますし、客付けも強力でした。

 

良い物件があれば、または指値などで数字的に良い物件が作れれば、投資先として
面白い地域だと思います。