鹿嶋屋の賃貸経営日誌

埼玉在住大家の賃貸経営日誌。日々の出来事、不動産投資について綴っていきます。

自己紹介

★ハンドルネーム
大家 鹿嶋屋

 

東京生まれの多摩地区育ち、現在は埼玉在住の38歳です。
このブログでは賃貸経営の日々の出来事、不動産投資の情勢などを綴っていきたいと思っています。困ったことがあれば何でも相談してください。協力できることは出し惜しみしません。お気軽にご連絡ください。

 


           大家としての経歴


①2011年 1件目 東京都台東区  区分所有マンション  利回り 7.2%

②2012年 2件目 埼玉県戸田市  区分所有マンション  利回り 16.7%

③2012年 3件目 東京都台東区  区分所有マンション  利回り 14.3%

④2013年 4件目 埼玉県野田市  木造一棟アパート   利回り 17%

⑤2014年 5件目 埼玉県春日部市 一戸建て       利回り 14.3%

⑥2016年 6件目 新潟県上越市  木造一棟アパート   利回り 17.6%

⑦2016年 7件目 神奈川県横浜市 木造新築アパート   利回り 8.45%

 

 

f:id:ooya-kajimaya:20160806044317j:plain

 

★不動産投資を始めたきっかけ

大学卒業後、外食と卸売を主な業務とする企業に入社し

外食部門に配属になりました。

 

一応、一部上場企業でもありそれなりに充実した社会人生活を

送っていましたが、入社5年目程でしょうか。大型店の立て直しを命じられ

毎月350時間以上のハードワークが続く日々となりました。


そんな日が1年以上続いたある日、あたり前といえば当たり前ですが

帰宅途中に倒れ救急車で病院へと運ばれました。

耳の周りには膿が大量にたまっており、手術をして何とか一命をとりとめました。


病院の先生からはあと数日遅れていたら、死んでいたかもしれないと伝えられました。
手術後も数週間入院し、何とか退院できました。

その一連の出来事の中で企業で働くことの意味について色々と考えました。 

 

 

ちょうど倒れた時の上司からは、社内でも一番相性の悪い相手

であったことも不運でしたが、執拗ないじめ、パワハラを受けていました。

手術が終わり退院した翌日には会議に出て来いとの連絡が来るほどでした。

 

まだ手術の傷口から出血しており2週間程度は出勤できない状況で、それが上司にも伝わっていたのにです。(もちろん断りましたが)


直属の部下が倒れても見舞いにも来ず、死にかけてようやく退院してから

すぐこの対応。

 

この出来事があってから


【自分の身は自分で守るしかない】


と考えるようになりました。

 

もはや企業の言われるがままに仕事をしても、

決して身の安全、経済的安定、老後の安定などは手に入れられないと。


これらを手に入れるには企業頼みでは駄目。


企業がつぶれようが何があろうが自分で生きていくには

どうしたら良いのかを常に考えるようになりました。

そこから自分で起業の検討をしたり、株、先物取引、FXなど

失敗を繰り返しながらたどり着いたのが不動産投資です。


不動産投資にいきついたきっかけはやはり『金持ち父さん貧乏父さん』です。


その他多数の不動産投資関連の書籍を読み、当時出来たばかりの

ファイナンシャルアカデミーで不動産投資家養成講座(現、不動産投資の学校)

やその他多数のセミナーを受け、そこから4年ほどしてからようやく

最初の物件を購入するに至りました。

 


経済的・時間的自由を手に入れるには、どのように不動産投資を

進めていくのが良いか、常に試行錯誤しながら何とか形になってきました。

本当に失敗をたくさん経験しました。

 

属性によって、投資方法は違ってきますが、やはり一番大事なのは。。。


【誰に相談するか】


だと思います。いわゆるメンターというやつでしょうか。
私の場合は泉和コーポレーションの小林社長にコンサルティング

お願いしてから大きく前に進むことができました。

 

本当に感謝の一言です。


私自身も微力ながらこれまでの経験から得た知識を一人でも

多くの人に伝えていきたいと思っています。

メールからの相談でも構いませんし、無料コンサルティングも行っています。

是非一緒に経済的・時間的自由を手に入れましょう!